スタッフ

監督 三宅喜重

監督 三宅喜重 Yoshishige Miyake

Profile

1966年生まれ、大阪府出身。90年、関西テレビに入社。97年より東京支社制作部勤務。テレビドラマの代表作に、草彅剛主演の「僕~」シリーズ(「僕の生きる道」(03)、「僕と彼女と彼女の生きる道」(04)、「僕の歩く道」(06))、「がんばっていきまっしょい」(05)、「結婚できない男」(06)、「トライアングル」(09)、「銭の戦争」(15)など。09年、関西テレビ放送開局50周年記念ドラマ「ありがとう、オカン」で日本民間放送連盟賞テレビドラマ番組優秀賞を受賞。2011年には、単発ドラマ「レッスンズ」にて平成23年度文化庁芸術祭テレビ・ドラマ部門大賞、US国際フィルム&ビデオ祭最優秀賞を受賞。数多くのテレビドラマの演出を手がけ、その演出力を高く評価されている。2011年に『阪急電車 片道15分の奇跡』で映画監督デビュー。2013年の『県庁おもてなし課』に続き、本作が映画作品3作目となる。

コメントを見る

脚本 渡辺千穂 Chiho Watanabe
2002年連続ドラマ「天体観測 searchin' for my polestar」で脚本家デビュー。主な映画作品に、『さよならみどりちゃん』(05/古厩智之監督)、『この胸いっぱいの愛を』(05/塩田明彦監督)、『恋する日曜日 私。恋した』(07/廣木隆一監督)、『赤い糸』(08/村上正典監督)などがある。その他、多数のテレビ・WEBドラマを手掛けている。
音楽 菅野祐悟 Yugo Kanno
2004年フジテレビドラマ「ラストクリスマス」でドラマ音楽デビュー。『踊る大捜査線』『SP』『MOZU』シリーズ等、これまでに数多くの映画、ドラマ、アニメの音楽を手掛けている。映画『アマルフィ 女神の報酬』(09/西谷弘監督)で第19回日本映画批評家大賞映画音楽アーティスト賞、日本シアタースタッフ映画祭で音楽賞を受賞。第53回NHK大河ドラマ「軍師官兵衛」の音楽を担当。第52回ギャラクシー賞で劇伴作曲家として奨励賞を受賞。
撮影 柳田裕男 Hiroo Yanagida
1964年生まれ、兵庫県出身。主な作品に、『オリヲン座からの招待状』(07/三枝健起監督)、『RAILWAYS 49歳で電車の運転手になった男の物語』(10/錦織良成監督)、『RAILWAYS 愛を伝えられない大人たちへ』(11/蔵方政俊監督)、『カノジョは嘘を愛しすぎてる』(13/小泉徳宏監督)、『近キョリ恋愛』(14/熊澤尚人監督)、『Zアイランド』(15/品川ヒロシ監督)などがある。
照明 宮尾康史 Yasushi Miyao
1970年生まれ、滋賀県出身。『オリヲン座からの招待状』(07/三枝健起監督)で技師デビュー。主な作品に、『Happyダーツ』(08/松梨智子監督)、『うさぎドロップ』(11/SABU監督)、『カノジョは嘘を愛しすぎてる』(13/小泉徳宏監督)、『近キョリ恋愛』(14/熊澤尚人監督)、『ジヌよさらば ~かむろば村へ~』(15/松尾スズキ監督)、『Zアイランド』(15/品川ヒロシ監督)などがある。
録音 阿部 茂 Shigeru Abe
1964年生まれ、岩手県出身。『棒たおし!』(03/前田哲監督)で技師デビュー。『それでもボクはやってない』(07/周防正行監督)でアカデミー賞優秀録音賞受賞。主な作品に、『SP The Motion Picture 野望篇・革命篇』(10、11/波多野貴文監督)、『アゲイン 28年目の甲子園』(15/大森寿美男監督)、『アンフェア the answer・the end』(11、15/佐藤嗣麻子監督)などがある。
美術 松本知恵 Chie Matsumoto
1969年生まれ、東京都出身。映画美学校初等科にて映画『はるのそら』を監督・脚本。美学校修了後、黒沢清監督作品『回路』に美術スタッフとして参加。主な作品に、『八日目の蝉』(11/成島出監督)、『阪急電車 片道15分の奇跡』(11/三宅喜重監督)、「贖罪」(12/WOWOW)、『くじけないで』(13/深川栄洋監督)、『MARCHING ‐明日へ‐』(14/中田新一監督)、『近キョリ恋愛』(14/熊澤尚人監督)などがある。
編集 普嶋信一 Shinichi Fushima
1962年生まれ、神奈川県出身。日活芸術学院卒業後、編集助手として伊丹十三、神代辰巳監督作品等に参加。『クレープ』(93/市川準監督)で技師デビュー。主な作品に、 『阪急電車 片道15分の奇跡』(11/三宅喜重監督)、『北のカナリアたち』(12/阪本順治監督)、『舟を編む』(13/石井裕也監督)、『県庁おもてなし課』(13/三宅喜重監督)、『映画 深夜食堂』(15/松岡錠司監督)などがある。