顔脱毛は脱毛機の種類によっては美肌効果も得られる

脱毛について

近づいて顔を見られる時に鼻下の産毛などが目立ってしまうと恥ずかしいという女性は多いでしょう。
そんな顔のムダ毛の悩みを解決するのには顔脱毛が便利です。
しかし、顔脱毛は利用する脱毛機の種類によって効果の出方が違うので、自分に合ったお店を厳選して通うのがおすすめです。
今回は脱毛サロンや医療機関で受けられる顔脱毛の種類についてご紹介します。

脱毛サロンの顔脱毛は脱毛法の種類で満足度が違う

脱毛サロンは料金が比較的リーズナブルであるため、顔脱毛を安く受けたいと思っている人は利用を検討しているかもしれません。
しかし、脱毛サロンでの顔脱毛は、それぞれのサロンで扱っている脱毛法の種類によってはなかなか効果を感じられなくて長期間通うことが必要になる場合もあるので、注意しましょう。
また、サロンによっては顔脱毛を行っていなかったり、顔の一部のみへの施術となっている場合もあるので要注意です。
最近の脱毛サロンで主に使われている脱毛法には、IPL脱毛、S.S.C脱毛、ハイパースキン脱毛、SHR脱毛(蓄熱式脱毛)があります。

IPL脱毛

ムダ毛の黒い色に光を反応させて毛母細胞にダメージを与え、脱毛を行っていくという仕組みになっています。
黒々とした毛が生えている部分には効果的な脱毛法なのですが、顔に生えている毛は産毛のように細い毛が多く、色も淡いのでIPL脱毛ではなかなか効果が実感できないことがあります。
そのため、IPL脱毛を受けられるサロンを顔脱毛の目的で選んでしまうと、長く通わないと脱毛を完了できないことがあるということに注意した方が良いでしょう。
その一方で、IPL脱毛に使われている光には美肌効果があることがわかっています。
顔脱毛をIPL脱毛で受けると、期間は長くかかるかもしれませんが、光の効果で毛穴の開きが改善したり肌のくすみが改善するなどの嬉しいおまけが期待できます。

S.S.C脱毛

お手入れをする部分に抑毛効果があるジェルを塗布してから脱毛機でクリプトンライトという光を当て、ジェルの抑毛効果を発揮させることによって脱毛効果を引き出していくという種類の脱毛法になっています。
この方法は施術中の痛みが少ないというメリットがありますし、ジェルに美容効果があるとされているため、顔脱毛をすると肌がキレイになる効果も期待できます。
ただし、S.S.C脱毛は医療機関などでの脱毛に比べると効果を実感するまでの回数が多くかかりますから、顔脱毛を早く終わらせたい人は他の種類を選んだ方が良いかもしれません。

顔脱毛に向いている脱毛の種類

脱毛サロンで利用できる脱毛法の種類には、産毛の処理に向いているものがあります。
それは、ハイパースキン脱毛とSHR脱毛(蓄熱式脱毛)という種類です。
どちらも導入しているサロンがまだ少ないですが、施術中に痛みをほぼ感じないということで人気が出てきています。

ハイパースキン脱毛

ムダ毛が毛周期の中で休止期に入っている状態の時に特殊な光を当てて働きかけ、発毛を予防するという方法で毛を減らしていく方法です。
この種類の脱毛法なら、低い温度の光を当てることで行えるため、施術中に痛みを感じることがほぼなく、デリケートな部分である顔脱毛にも向いています。
そして、ハイパースキン脱毛に使われている光には、フォト美顔の効果があることも魅力です。
ムダ毛が生えてくることを抑えるのと同時に、肌の内側でコラーゲンが生成されることを促すことができ、肌のハリやツヤが良くなったり保水力がアップする効果が期待できます。

SHR脱毛

一番新しい方式の脱毛法ですが、従来とは違ったアプローチでムダ毛の毛包とバルジ体という部分に働きかけます。
SHR脱毛は従来よりも低温の光を使ってじわじわと毛包にダメージを与え、脱毛を促すので、施術中の痛みや熱さをあまり感じないことが優れています。
SHR脱毛だと毛の色が黒くなくても施術の効果が期待できるため、産毛が中心となる顔脱毛に適しています。
更にSHR脱毛で使われる脱毛機の中には、フォトフェイシャルのような美肌効果が期待できる種類もあります。
脱毛をしながら、毛穴の引き締め効果や肌の透明感を引き出す効果が望めるのが嬉しい点になります。
また、SHR脱毛の良い所は、IPL脱毛やS.S.C脱毛とは異なり、毛周期に関わらず施術を行えるということです。
最短では2週間に1度施術を行えるというサロンなどもあるので、短い期間に多くの回数の照射を受けることが可能になっており、顔脱毛で満足できる効果を得られるまでの期間を短くすることが期待できるでしょう。

医療機関で顔脱毛する時も脱毛機の種類を気にすると良い

多くの医療機関ではレーザー脱毛という脱毛法が利用できますが、その中にも熱破壊式の脱毛機と蓄熱式の脱毛機という種類の違いがあります。
医療機関でのレーザー脱毛は、一般的に脱毛サロンで施術を受けるよりも効果が早く感じられる点が魅力です。
そのため、顔脱毛をなるべく早く終わらせたい人は医療機関での脱毛を検討するのも良いでしょう。
医療機関で顔脱毛をすると、医師が管理している施設での脱毛となるため、安全性が高いことも良い点になります。
顔というデリケートな部分に肌トラブルが起こった場合にも、適切な治療をすぐに受けられることが安心です。
なお、医療機関での脱毛を選ぶ時にも、楽に施術を受けたいならそのクリニックでどんな種類の脱毛機を使っているかを気にした方が良いです。
医療機関で顔脱毛をする時に特におすすめなのは、ダイオードレーザーを使った蓄熱式脱毛が行える所です。
何故なら、この種類の脱毛機は産毛の処理に向いており、施術中の痛みを感じることもほぼないとされているからです。
医療機関での顔脱毛は脱毛サロンよりも料金が高めであるというデメリットがありますが、蓄熱式脱毛以外を行っているクリニックでも脱毛機の出力を調整することで産毛に高い効果を出せる場合が多いですし、痛みを抑えるために麻酔の使用も可能だというメリットがあります。
確実に短い期間で顔脱毛をしたいという人には、クリニックで相談するのもおすすめと言えます。

まとめ

顔脱毛は脱毛法の種類を選ぶことで、脱毛以外に美肌効果も得られることがあるので、色々な施設を比較検討してみると良いでしょう。
選んだお店で使われている脱毛機の種類によって、効果の実感が早く感じられることもありますし、それによって脱毛完了までにかかる費用も変わってきます。
通常の部分よりも効果を出すのが難しいとされている顔脱毛ですから、各施設でどんな脱毛の種類を行っているのかをしっかりチェックして選びましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました