美容脱毛と介護脱毛について。将来のために脱毛しませんか?

脱毛について

脱毛は若い人のものだとおもっていませんか?
薄着や海に行くための、美容脱毛は確かに若い女性に求められるものだと思います。夏前になれば電車のつり革や雑誌の広告面など、様々なところで脱毛サロンの表記を見かけますよね。どんなに可愛い服を着ていても、ムダ毛が処理できていなければ残念な気持ちになります。女性にとってはエチケットの一つとして重要な要素だと思います。

しかし、介護脱毛は若い人や女性のためだけのものではありません。
介護脱毛は将来のための備えなのです。

介護脱毛とは

介護脱毛とは、男女とわず将来老後に備えた準備の一つです。
老後に体が動かなくなったとき、排泄のお世話を受けることになったときに備えて、デリケートゾーンの永久脱毛をすることなんです。

目的は美容脱毛と異なり、主に衛生面や病気の予防です。赤ちゃんのおむつ変えと違って、体が大きくなってからのおむつ交換は大変労力がかかります。介助者の方はもちろんきれいに拭いてくださるでしょうが、自分でやるようにはいきません。回数だって限られますし、毛があると匂いだってこもりやすくなります。

介護脱毛とは雑菌の繁殖や、かゆみなどのストレスを考えて、事前に除毛しておくことが目的の脱毛なのです。

なぜ40代50代のうちにおこなうのか?

将来のためとはいえ、寝たきりになってから、除毛してもいいんじゃないか?と思われる方もいるかもしれません。
永久脱毛においてはレーザー照射で焼く処置が多いです。その照射は、黒さに反応しているそうなのです。
つまり、ムダ毛が白くなってしまうと、永久脱毛はのぞめません。だからこそ、黒々とした頃に永久脱毛を終えておくことが重要なのです。
もちろん、白くなってからも、毛をしょりすることは可能でしょう。抜く方法はいくつかありますし、剃ることだってできますが、それだって、自分ではできないのです。介助者の手を借りて行うことになりますし、何度も除毛クリームやカミソリをつかっていると、肌が荒れて痒みがでてしまうことも考えられます。
ちなみにですが、たとえ抜いたとしても、毛根が死んでない限り生えてしまうので、レーザーで焼いた時と違って、たとえ一本ずつ抜いたとしてもまた生えます。
そうなると、衛生面は保てたところで、ストレスがかかってくるのはまちがいありません。

金銭面の備えももちろんですが、介護されるための覚悟や準備の導入として、介護脱毛を考えておくのもいいかと思います。
もちろん、女性であれば、今から手入れしておけば、普段のケアも楽になりますし、無毛は今の時代めずらしくもないです。恥ずかしい気持ちもあるかもしれませんが、衛生的であるのは確かですし、月経の際のストレスも格段に減ります。
スネやワキなどの脱毛と同時に、デリケートゾーンの脱毛をいまのうちにすませて置くのはおすすめです。
すべて処理しておかなくても、整えて置くだけでも、将来的に負担は軽くなるのではないかと思います。

男性においても、ボディビルダーなどは、ワキをつるつるにそっていたりしますよね。あれは肉体をきれいに見せるためではありますが、一概に男性の脱毛がおかしなことではないです。

おすすめの脱毛方法

除毛方法はいくつかありますが、サロンでの永久脱毛をおすすめします。ほとんどのサロンでは毛の黒さ(メラニン)にレーザー照射の照準をあてて焼きます。
永久脱毛できれば、その後のストレスはなくなりますし、費用対効果も結果的高いです。

除毛クリーム

塗って、数分立つと、毛が溶けてシャワーでながすとつるっとします。毛穴も目立たないし。薬剤で皮膚があれ無ければおすすめの方法です。

カミソリ

クリームを塗ったり、カミソリの当たりが柔らかいものを使ったりしていれば問題なく手軽に剃ることが出来ますが、どうしても荒れやすいです。
綺麗に剃るために頑張るほど皮膚を削ってしまいがちなんですよね。なので、あまりオススメはしません。手軽さでは1番なのですが……
伸びてくるのも早い気がします。

ワックス

ブラジリアンワックスというものがあり、塗って、乾かして、剥がします。要領はガムテープでべりっとやるのと同じことです。
これは毛根まで抜けます。割と長めの効果がありますが、他と比べて若干費用が高く、そして、それなりに痛いと思います。
毛をワックスに絡めて固めて剥がすので、ガムテープなんかよりよっぽど抜けます。

美容にも介護にも、脱毛はオススメですよ!

まとめ

脱毛という言葉から考えるとどうしても「女性」をイメージしますが、介護脱毛に関して言えば、男性であっても必要なことだと思います。
自分が将来健康に年を取れるかどうかはわかりませんし、急に病気になることも考えられます。もちろん、男性が股間の永久脱毛をすることは心理的に難しいかもしれませんが、将来的に介護されることを考えて、介護脱毛という考え方があるのだと知っておくと、備えになるのではないかと思います。

高齢化社会が進み、自分がどれだけ長生きするかわからない時代です。いろんなパターンを考えて、将来についての備えは幅広くあると思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました