脱毛サロンで施術を受けるために必要な持ち物は何?

脱毛について

脱毛サロンで行う施術は効率的に脱毛の処理を行うことができます。しかし、持ち物や料金などの詳細がわからずになかなか契約できない方も多いのではないでしょうか。そこで、ここでは脱毛サロンで施術を受けるために必要な持ち物にご紹介します。

カウンセリング時

まず脱毛サロンで契約を行うためにはカウンセリングを受ける必要があります。ここではどのようなスケジュールで脱毛の施術を行うか、またどのような悩みを持っているのかなどの詳細を話し合います。また肌の質に心配を持っている方には、テスト照射を行うこともありますが、基本的に初回で脱毛の施術を行うことはありません。
契約の際にはいくつかの持ち物が必要になります。
まず身分証明書です。身分証は運転免許証やパスポート、保険証などがあります。これは本人確認を行うためで、年齢確認や分割払いの担保、キャンペーンの多重利用を防ぐなどの目的があります。公的な身分証であれば、基本的にはどれでも構いません。
未成年の場合は親権者同意書が必要です。未成年でも脱毛の施術を受けることはできますが、その責任は親権者が持っています。そのため、未成年の方が施術を受けるには必ず親権者同意書が必要です。親権者同意書はたいていの場合、ホームページからダウンロードすることが可能です。
また、学生の場合は学生証を用意するようにしましょう。脱毛サロンの多くは学割を適用しているため、お得に施術を受けることが可能になります。
あとは印鑑やクレジットカード、銀行口座など支払いと契約に関する準備が必要です。これらがあれば、カウンセリング、契約時は問題ありません。

2回目以降の来店時

2回目以降は実際に施術を行うため、ある程度の準備が必要です。
まず最低限必要なものは会員カードと現金です。会員カードは忘れてもお店で照会できることもありますが、忘れないようにしましょう。現金は分割払いなどで毎回の支払いが必要ない場合も用意する必要があります。お店によってはシェービングやオプションで別途料金が加算されるケースがあります。これは当日お店で現金払いになる可能性があります。最低でも自分が受けるコースの1回にかかる料金くらいは別途現金で持っておくと安心です。わからない場合は2万円前後を持つようにしましょう。
これらの追加料金を防ぐためには、ある程度お肌のケアの準備はしていくことが大切です。例えばクレンジングや日焼け止めなどのスキンケアはお店で行うと無駄に費用がかかってしまいます。脱毛の施術は肌に大きなダメージを与えるため、施術後のケアが大切です。自分で用意していないとお店のオプションを利用しなければならなくなりますので、スキンケア用品は持っていくことをおススメします。
また、シェーバーやカミソリも準備しておくと効率的です。脱毛の施術時はある程度毛を除去しなければなりません。除毛せずに脱毛サロンへ行ってしまうと、オプションで除毛の処理を受ける必要があります。万が一剃り残しなどが見つかった時のために、カミソリやシェーバーは持っていくと良いです。
以上のものを準備しておけば施術当日は問題ありません。肌のケアに関係するものをきちんと用意しておけば、無駄な出費を抑えることができます。

当日の服装

特に指定はないケースが多いです。しかし、部分的な施術が多くなりますので、着脱のしやすいショーツやシャツを着るようにしましょう。脱ぎにくい服装は施術の妨げになり、場合によっては専用の服装に着替えるよう指示されることもあります。これにより衣服代として追加料金がかかるケースもあります。施術を受ける際はあくまで動きやす服装を心がけましょう。

最低限必要なものをご紹介しましたが、脱毛サロンによっては特別に準備する必要があるケースもあります。何が必要なのか把握するためにも、まずはカウンセリングで必要なものをきちんと理解すること。そして、必要なものリストをメモすることが大切です。もしも聞き漏らしてしまった場合でも、電話で聞いてみたり、ホームページを見たりして確認することが大切です。大手の脱毛サロンであれば必要な持ち物はホームページに記載されています。

まとめ

いかがでしたでしょうか。
脱毛サロンではほとんど用意があり、持ち物が全く必要ないという場所もたくさんあります。しかし、すべての脱毛サロンがそうなのではなく、お店によっては事前準備が必要なところもありますので注意しましょう。忘れ物があると追加で費用がかかってしまったり、場合によっては施術を受けることができなかったりするケースもあります。脱毛は毛周期の関係上、一定周期で施術を受けることが望ましくなります。そのため、周期を逃してしまうと脱毛の効率が下がってしまいます。
脱毛を完了させるには長い期間が必要ですので、きちんと効率よい施術を受けられるよう、忘れ物はなくすように心がけましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました