脱毛に適した毛周期を知ってしっかり効果をあげるには?

脱毛について
Processed with VSCO with c7 preset

いくら抜いても剃っても次々と生えてくる体毛。日々の処理に悩んだ人も多いのではないでしょうか?
処理する上で、体毛が生えるメカニズムを知ることは大切です。体毛には、毛周期という期間があることをご存知でしょうか?
毛周期を知って、上手に体毛の処理と付き合っていきましょう。

毛周期とは?

体毛は生きている限り何度でも生えてきます。その理由は、毛周期と呼ばれるサイクルがあり、一定の周期で常に生え変わっているからです。体毛が生える根っこがなくならない限り、草木のように、いくらでも再生するのです。毛周期には3つの段階のサイクルがあります。成長期・退行期・休止期と進んでいきます。また、毛周期は部位によっても大きく異なります。髪の毛は2年?6年と長く、ワキは4ヶ月程度、足や手は3ヶ月程度、VIOは1年?2年となります。さらに個人差も加わりますので、正確な毛周期を把握するのは非常に難しいのが実態と言えます。

毛周期の種類

毛周期には成長期・退行期・休止期という種類があります。

1.成長期

名前の通り、毛が成長を続けていく期間です。毛母細胞(根っこ)が分裂し、毛の種が生えます。その毛は休止期の毛をどんどん押して行きます。最後には休止期の毛を追い出し脱毛をさせ、新しい毛として外にでてきます。成長期の毛は、毛細血管からどんどん栄養分を取り込み成長していきます。黒く、長く、見た目としては1番気になる時期です。

2.退行期

体毛が細く小さくなり始める時期です。成長期にしていた細胞分裂が止まり、メラニンの生成も止まります。休止期に入るまでの期間のことを指します。新たな成長期の毛によって毛根は上に上にと押し上げられ、最後は抜けていきます。

3.休止期

新しい成長期の毛によって押し出された状態を指します。この時期の体毛は活動はしていません。休止期の毛は引っ張ってもなんの抵抗も無く抜けおちるので、シャワーなどのちょっとした刺激でも抜け落ちていきます。

毛周期と脱毛の関係

レーザー照射や除毛・脱毛クリームによる脱毛処理はメラニン(毛を黒くする成分)に反応して効果を発揮します
つまり、毛が生えていないと効果は0となってしまうんです。毛周期との関係で考えると、脱毛は成長期の体毛にしか効果がないということになります。

成長期の見極め方

レーザー照射による脱毛を例に挙げてみましょう。1回目のレーザー脱毛を受けた後は成長期に当たっていた体毛が抜け落ちます。2回目は、退行期・休止期が過ぎるのを待って、再度成長期になってからレーザー脱毛を行う必要があるということになります。
ただし、成長期の見極めはプロでも難しいと言われています。
前述して通り、毛周期には個人差があり、その期間には大きくバラつきがある上に、部位によっても周期の差があります。レーザー照射はサロンやエステなどで行うことがほとんどになりますので、自分の毛周期を多方面(自分、スタッフ)から確認し、スケジュールを決めていくことで、成長期にあたる確率を上げていくことは可能です。
おおよそ、2?3ヶ月の感覚で2回目以降のレーザー照射を行い、回数とともに間隔をあけていくのがベターでしょう。(根っこがレーザーにより機能しなくなる為、間隔は開いていくのが基本です。)

成長期の毛の割合

脱毛するのに適した、成長期の体毛は、どの程度が表面に出ているのでしょうか?
ここを抑えておかないと、脱毛の効果はかなり悪くなってしまうので気をつけましょう!
結果は以下の通り。

1.脇 30%
2.手足 20%
3.VIO 30%
4.顔 20%

脇であれば毛周期は約4ヶ月程なので、3?4回のレーザー照射で概ね脱毛が完了すると予想できます。

ホームケアと毛周期

レーザーと違い、ホームケアする場合は、毛周期をそれほど多く意識する機会はないでしょう。根っことなる毛根の機能を止めるレーザーと違い、根っこには対処しないのがホームケアです。表面に見えている成長期の体毛を除毛クリーム等で除去することになりますので、成長期が続く限り、繰り返しケアしていくことになります。
なお、避けてもらいたいのは毛抜きによる脱毛です。成長期に当たる体毛は、非常に強く毛根に根付いています。その状態の体毛を無理に毛抜きで除去すると、玉状の毛乳頭が付いてくることがあります。これは、肌に強い刺激を与える上に、さらに太い毛が生えてきてしまう危険性もあるんです!
ホームケアでの脱毛は脱毛クリームにしろ、カミソリにしろ、皮膚の表面にも刺激が加わってしまいますので、肌トラブルを防ぐためにも忘れず保湿クリームを塗りましょう。

まとめ

毛周期は、脱毛と密接な関係があることがお分かりいただけたでしょうか?
毛周期を無視して、短期間でのレーザー照射を行なっても意味がありません。自分の体質である毛周期をきちんと把握して、効果のあるレーザー照射を行なってください。それが脱毛の一番の近道となります。また、ホームケアをする場合は、過度な刺激を与えないように気をつけましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました